太陽光発電システムと売電制度

太陽光発電システムを導入する事によって得られるメリットは色々ありますが、やはり売電制度を利用する事が出来るというのは非常に大きなメリットとして扱われているのではないでしょうか。

売電制度について知らないという方に説明すると売電制度は太陽光発電システムによって発電した電力を電力会社に売却する事によって収入を得る事が出来るという制度で、現在の売電価格は電力会社から伝記を購入するよりもはるかに高額に設定されているため売電制度を利用すれば毎月の光熱費が大きく浮いて副収入まで得る事が出来ます。

これから太陽光発電システムを導入するという方は是非売電制度を有効活用してください。

売電制度は現在2種類に分かれており全量買取制度と余剰買取制度のどちらかを利用する事になります。

一般家庭向けに販売されている太陽光発電システムのほとんどは全量買取制度を利用するための条件を満たしていないため大抵の人は余剰買取制度を利用する事になります。

余剰買取制度は太陽光発電によって得た電力のうち普段の生活で利用していない分の電力を電力会社に売却する事が出来るので、昼間電気をほとんど使わなければかなりの電力を売却する事が可能です。

売電の利益を増やしたい方は節電生活を心がけてみてください。