太陽光発電システムにまつわる税金

太陽光発電は普段の生活で利用する電気を賄ったり緊急時の電力供給の手段になったりと様々な場面で役立てる事が出来ますが、それと同時にいくらか税金を支払わなければならなくなる場合もあります。

太陽光発電に関係する税金のほとんどは支払う事が無いままになる方がほとんどなのですが、売電制度を利用している方やソーラーパネルのタイプによって課税対象となるかどうかが変わるのでこれから太陽光発電システムを導入する方は予めそういった条件を覚えておきましょう。

太陽光発電によって売電を行なった場合その収益は雑所得として扱われ、課税対処として扱われます。

ただしその条件に合致する人は雑所得が年間で20万円以上になる方に限定されているためほとんどの方は売電だけでそこまでの利益を上げる事が出来ないのであまり気にする必要はありません。

ただし他にも雑所得を得ているという場合は20万円を越える可能性があるのでしっかり収入は確認しておいてください。

それとソーラーパネルが屋根材一体型だった場合はソーラーパネルが屋根材として認識されるためその分固定資産税が加算されます。

見た目が良いから屋根材一体型にしようと考えていた方は固定資産税分の予算を組み立ててから導入を決定するようにしてください。